粋な釜めしの作り方

【粋な釜めしの作り方】

~セット内容~

・南アルプス市産ヒノヒカリ2合  ・出汁ボトル

・具材一式            ・日高昆布



① 米(ヒノヒカリ)をやさしく研ぎ、水に浸して下さい。10分程浸した後、水から上げて下さい。

② 水から上げた米を炊飯器の釜へ移し、2合の目盛りまで水を入れて下さい。

③ 出汁ボトルを入れ、軽くかき混ぜてください。

④ 具材パックと昆布を入れて下さい。

⑤炊飯器のメニュー『炊き込み』を選択して炊飯して下さい。『炊き込み』がない場合、白米を炊く時と同じメニューで炊飯して下さい。

⑥炊きあがりましたら、軽く混ぜてお召し上がりください。

『炊き込み』で炊飯して頂くと、おこげがでできやすいです。おこげが苦手な方は、白米を炊く時と同じコースでの炊飯がお勧めです。

出来上がりです☆

お好みで、三つ葉・きざみのりをかけて頂くと、より美味しく召し上げれます。

※炊飯器の2合の目盛りより水分が多くなりますが、そのまま炊いて下さい。

※釜めしセットは、箱のまま冷蔵保存して下さい。(生ものですので、なるべく早くお召し上がり下さい。)

※長時間おくと具がいたむため、タイマー予約・保温は避けて下さい。(炊飯後、残った場合は冷蔵または冷凍で保存をして下さい。)

※品質保持のため開封後は1回で使い切り、すぐに炊飯して下さい。

※袋のふちで手を切らないようにご注意下さい。

※炊飯器の機種により炊飯方法が異なる場合がありますので、各取り扱い説明書を参考に炊飯して下さい。

<おすすめの召し上がり方>

三つ葉をかけて。

刻みのりをかけて。

あさつきをかけて。

土鍋で。

ダッチオーブンで。

おにぎりに。